お知らせ
2017年5月20日(土)
大阪・中塚荘
「スラウェシ島の海と山を行く」
レクチャー&ワークショップ開催


   Toraja Textile Arts

コンタクト kei-torajatex◎nifty.com
(◎を@にかえて下さい)





What’s New? (更新記録)

2017年5月20日(土)大阪・中塚荘(門真市民交流会館)にてレクチャー・ワークショップ
スラウェシ島の海と山を行くー再生する腰機と民族染織の行方」を開催致します。





【報告ートラジャの紋様織り技法】
2016年7月から10月中旬までトラジャに滞在し、3ヶ月ぶりに帰国いたしました。

◆北トラジャ県ではカード織りが廃れていますが、ヨコ紋様織り、パルキ(pa’ruki’)が人気沸騰です。
県誕生祭の着飾った女性たち





 このホーム・ページは、インドネシアの染織、とりわけカード織りの研究を扱います。インドネシアのカード織りは、スラウェシ島の両トラジャ県ではすでに姿を消しましたが、その西方にあるママサ県の山間の村々で現代も生きています。ママサでカード織り紐はパラワ(palawa) と呼ばれ、ウィーヴァーは祖母の代から伝承された技法によって、袋の紐や衣装の縁取りにパラワを織り続けてきました。
 20世紀初め、スラウェシ島山地もオランダの植民地統治下に入り、オランダ人はこの島の染織品を多く収集し、本国に持ち帰りました。その後、熱帯博物館に収蔵されたカード織り資料によって、リタ・ボーランドがカード織りの研究を開始し、さらに英国のピーター・コリンウッド(英)等によってそれは発展させられました。本サイトは、2000年以来の現地調査にもとづいて、トラジャ―ママサのカード織りを世界のカード織りと関連づけて理解し、それによってカードの普及をはかることを目的としています。
 なお、本サイト更新記念として、「〈オランダ−トラジャ−日本〉を結んだ小さな織物―故ブンガ・ヨハニス氏を偲んで―」をアップデイトしました。是非、ご覧ください。